ユーザ用ツール

サイト用ツール


howto-jetpcb

JetPCBにEAGLEで設計した基板を頼んでみた。

今までFusionPCBにしか注文したことがなかったのだけれども、PCBCartに頼んでみたら品質の高さにびっくりした。 で、今回はなる早で試作したかったので、JetPCBに頼んでみた。

注文

アカウントを作ってログインして、トップページの見積から見積を依頼して発注しようとしたのだけれども、そこからじゃ発注に進めないことが発覚。
Skypeを使ってJetPCBに電話したりした結果、上のナビゲーションバーの「ステータス」から「新規見積&注文」ができるらしい。
ふつー、ステータスと言うと、注文したあとの状況を見れるページだと思うでしょうが!!

注文のコツはそのくらい。
あとは普通に見積とって注文するときにガーバをアップロード、それで注文完了。
支払い方法を聞かれるので、私はクレジットカードを選択しました。

支払い

生産開始のお知らせと共に、クレジットカードを記入してサインしてくれとExcelのシートが送られてきます。
これによると受け付けているカードのブランドは、VISA, MASTER, JCB, AE(たぶんAmerican Express)の模様。
私はExcelで記入すべきとこは記入して、PDFで出力。iPhoneのPDF編集ソフト(neu.Annotate)でサインを書き込んでメールしました。

ガーバの出し方

識者の方々からすれば何てことない作業だと思いますが、私が注文の次にこまったのは、コレ。
スイッチサイエンスさんのgerb274x+tcream.camを使わせてもらって出力しました。

拡張子説明
.cmp部品面パターン
.drdドリルデータ
.out外形線データ
.plc部品面シルク
.pls半田面シルク
.sol半田面パターン
.stc部品面レジスト
.sts半田面レジスト


ドリルデータはDeviceが”EXCELLON”になっています。これだけは他のように”GERBER_RS274X”じゃダメみたいですね。
EXCELLONが業界デファクトだから、これでいいのでしょうか。

これらのファイルをZIP圧縮して、注文時に送りつければ注文できます。
あ、もちろん、送る前にgerbvなどのガーバビューアで確認はしましょうね。

生産のはやさ

早く欲しかった私は3日コースで頼みました。
製造の進捗は、注文と同じくステータス:-Pから確認できます。
土日も台湾の皆様、ご苦労様です!

howto-jetpcb.txt · 最終更新: 2012/03/12 00:37 by ytsuboi