ユーザ用ツール

サイト用ツール


frisk_usbtiny_mkii

FRISK USBTiny MkII


FRISK USBTiny MkIIは、USBTiny-MKIIUSBTiny-MkII SLIMにインスパイアされた、FRISKの入れ物に入るように起こした基板です。
つまり、AVRISP-MKIIのクローンで、ATmegaだけでなく、ATtinyやXmegaへの書き込みが可能なAVRライタです。

FRISK USBTiny MkIIの特徴は次の通りです。

  1. ターゲットへの電源供給(5V/3.3V)が可能
  2. FRISKサイズでコンパクト
  3. LUFAを用いたOpenSourceな実装
  4. AVRライタが無くても作れるAVRライタ


回路図


回路図は、他のUSBTiny MkIIと概ね同様です。
使用しているCRの一部をAT90USB162-AUのデータシートを参照して変更してあります。
GTL2003は何の石かと聞かれるのですが、レベルコンバーターです。

パーツリスト

PartValueDeviceQty
R1,R61KR-EU_M0805(2012)2
R2,R3470R-EU_M0805(2012)2
R4,R522R-EU_M0805(2012)2
R8,R947R-EU_M0805(2012)2
R10100KR-EU_M08051
C1,C233pC-EUC0805(2012)2
C31uC-EUC1206(3216)1
C410uCAPACITOR-POLPANASONIC_C1
C5,C6,C70.1uC-EUC0805(2012)3
CON1USB-B-MICROUSB-B-MICRO1
F1500mAPTCFUSE-12061
IC1AT90USB162-AUAT90USB162-AU1
IC2GTL2003GTL20031
IC3LF33MCP1825S-3302ED1
LED1-LEDCHIP-06031
LED2-LEDCHIP-06031
XTAL16MHzXTAL-4-32251
X2,X3,X4-PINHD-2X03_2.543
HWB,RST-PINHD-1X02_2.541
JP1-PINHD-1X03_2.541


C3以外のCRのパターンは2012(0805)サイズです。LEDだけ1608(0603)で、C3は3216(1206)です。
私は手持ちの1608を使って組みました。
C4の電解コンデンサは、PanasonicのEEE-1EA100ARを想定していましたが、購入を忘れたので東信工業の1CEC-FS100Mを使いました。
IC3はMCP1825S-3302EDを使いましたが、LF33などのピンコンパチのLDOで結構です。

組み立て方

参考のために、私が組み立てたものの写真を載せておきます。


私は鉛フリーに移行済みなので基板のハンダレベルは鉛フリーです。

注意点は1つだけです。
PDIの3番ピンと5番ピンの配線を忘れていたので、ジャンパをお願いします。


組み終えたら、FLIPでUSBTiny-MkII SLIMのページにある、mkii_slim_1.1.rarに入っているHEXファイルをAT90USB162に書き込んでやってください。
HEXファイルは、avrdude用とavrstudio用があるみたいです。私はMacで使うのでAVRISP-MKII-avrdude.hexを書き込みました。

使い方



シルクが印刷されていなかったのでコネクタが分かりづらいですが、コネクタは画像のとおりです。

frisk_usbtiny_mkii.txt · 最終更新: 2012/01/01 20:49 by ytsuboi